以下のボタンをタップすると電話がつながります 電話 047-446-2262
HOMEコラム一覧>不妊と運動について


不妊と運動について

運動不足も不妊の原因になると言われています。
なぜでしょうか。
よく言われるのは【血流が悪くなる】【冷える】というのがその理由のようです。

【血流が悪くなる】
まず運動不足の際にでてくるのが「筋力の低下」です。
運動不足になると筋肉は徐々に減少していきます。
実は、筋肉の働きは重い物を動かしたりするなどの単純な働き以外に、血液を循環する働きも持っています。
「血液を循環させる」というと心臓を思い浮かべる人が多いと思いますが、筋肉も血液を循環させるために大きな働きをしており、筋肉は「第2の心臓」とも呼ばれます。
心臓だけでは体のすみずみに血液を送り届けることができませんので、筋肉が心臓の働きをサポートして血液を体に送り届けているのです。
つまり、運動不足によって筋力が低下すると血液の循環が悪くなってしまうということです
血流の悪さは婦人科系の働きをとくに悪化させますので、要注意な要素です。

【冷える】
これは血流が悪くなることと表裏一体なのですが、血流が悪くなると体温が保てなくなり冷えます。
または、筋肉の活動で熱を産生するので、筋力が低下すると熱の産生量が減るので冷えるとも言えます。
運動不足からくる筋肉量の減少で冷えは起きやすくなります。

以上のような理由から、不妊で悩む人は運動した方が良い、ことになります。

とくに勧められるのは【足の筋肉を使うこと】です。
足には体の中でも大きな筋肉があるので、足を鍛えることで筋肉量が大きく増えます。
また、血流の上でも、血液が足先までいった後にまた胴体に戻るのも大変です。
そこで足の筋肉がしっかりあるとポンプの役割を果たして血液を戻しやすくなります、つまり全身の血流の促進に貢献しやすいのが足であるということです。

方法としては【ウォーキング】【スクワット】などが勧められます。
やり方の詳細は割愛します(検索すればいっぱい出てきますので…)。

以上、運動のススメです。
やはり、運動することのメリットはありますので、「運動しましょう」と言われて「そうしましょう」と思えたらトライして欲しいです

さてしかし、運動が嫌いな人が運動を継続するのは大変です
そういう人が運動を「しなければ」と続けることで、大きなストレスを抱えてしまうようでは、じつはマイナスの気もします。

心の要素です。

「心身が健康になること」で「妊娠しやすさ」を手に入れるのが目的ですので、筋肉のために運動するのが目的ではありません
心身がそろって健康になりましょう。

そのために、運動しないという選択肢も「あり」です。
健康のために何か生活改善する必要があるなら、それはした方が良いとは思います。

ただその方法は、食事・運動・リラクゼーション・笑い・冷えとり等、いろいろあります
自分の好きでやってみたいことからはじめたらよいと思います。

少しずつ、無理なくやりましょう。
いつでも「ストレス」ということも考えて下さい。。


 院長コラム一覧に戻る



インターネットからのご予約

千葉県鎌ケ谷市南初豊5-9-38-102

営業時間

  • 月/木/土 9〜18時
  • 水/金 9〜20時
  • 日曜日 9〜14時

定休日

  • 火曜日・祝日

  • 初富駅徒歩2分
  • 駐車場3台完備

お電話でのご予約・お問い合せはお気軽にタップ↓

     

ネットでのご予約・お問い合せもお気軽にタップ↓

お電話の際は「はい、ほっと・ばらんすでございます。」とでますので、「初めてで、予約したいのですが」とお伝え下さい。