以下のボタンをタップすると電話がつながります 電話 047-446-2262
HOMEコラム一覧>鍼灸の針と注射針の違い


鍼灸の鍼(はり)と注射針は違う?

「鍼灸の鍼は痛くありません!」とよく言います。
本当です(笑)
でも、信じられない人もいます。
もっともです(笑)

今回は鍼灸のハリと注射のハリの違いを伝えます。


【注射針】


まず刃先があります。
ザクっと切り込むイメージです
そして中が管状になっている分、太いです。
だから痛くなる確率が上がります。


【鍼灸の鍼】


先は尖っていますが、ザクっと切り込むというよりは「分け入る」イメージです
中空でもないので、細いです。
だから痛くないまま施術ができます。


どちらが痛くないかは一目瞭然(…ですよね)。






形状と太さからして、鍼灸のハリの方がソフトであることはわかるかと思います。


「そうは言っても、やっぱり痛いんじゃないの?」と思われる方もいるかと思います。
ここまでくると、「あとは受けて確かめてみてください」としか言えないのですが、もう少し補足。

もしどうしても怖い、もしくはやっぱり痛くてうけられなかったという人には「刺さない鍼」もあります



棒状の先の丸い鍼治療道具です。
「鍉(テイ)鍼 」と言います。
刺さないタイプのハリです。
過敏な人には皮膚の上からツボを圧迫する刺激程度で十分効果が出ます。

鍼と注射針の違いについて書きましたが、鍼灸のハリは実は多様です。
刺す鍼や刺さない鍼など、ハリという字とはイメージが違った治療道具ですので、まずは関心があったら試してほしいです。


 院長コラム一覧に戻る



インターネットからのご予約

千葉県鎌ケ谷市南初豊5-9-38-102

営業時間

  • 月/木/土 9〜18時
  • 水/金 9〜20時
  • 日曜日 9〜14時

定休日

  • 火曜日・祝日

  • 初富駅徒歩2分
  • 駐車場3台完備

お電話でのご予約・お問い合せはお気軽にタップ↓

     

ネットでのご予約・お問い合せもお気軽にタップ↓

お電話の際は「はい、ほっと・ばらんすでございます。」とでますので、「初めてで、予約したいのですが」とお伝え下さい。