以下のボタンをタップすると電話がつながります 電話 047-446-2262
HOMEコラム一覧>転院について


病院をかえること(転院)について

不妊治療をしていて、思うような成果が出ない中、病院をかえようかどうしようか悩む人も少なくありません。
その際にどういう視点で選んだらよいかを考えてみたいと思います。


【相性がわるいなら】

ご自身と先生、看護師さん、スタッフ、病院施設そのもの、との相性は重要だと思います。
ここで苦痛が多いなら転院の理由になります。
とくに信頼・信用です。
ネックがそれならそこはダメですね。
ただし100点満点はないと思うので、自分が大事にする要素がおさえられていて、かつマイナス点が許容範囲なら「相性は悪くない」と判断しても良いのではないでしょうか。
「場所的に近いことが大事」で場所が良いなら、先生が多少ぶっきらぼうでもOKとする、などバランスでみたいところです。


【治療方針が希望と違うなら】

治療方針が希望と異なっていたり上手く反映されていないと感じたら、転院しても良いでしょう。
治療方針は病院によって結構異なります。
情報誌やクチコミや病院ホームページなどで確認するのは悪くないです。
ストレスにならない程度に勉強するのは、自分自身がどのような治療を受けているのかを知る上でも大事です。
もしくは、治療方針云々がよく分からない場合でも、それらへの提案や説明があるかどうか。
そういったコミュニケーションがとれる場所が安心できる場所になると思います。


【しばらく通ったら】

高度生殖医療は標準的なパターンがあるようなないようなまだ不確かな部分もあります。
それは、体外受精自体が始まってまだ40年・凍結胚移植が普及してまだ10年という歴史の浅い技術であることや、生殖の仕組み自体にまだまだ謎が少なくないことも原因です。
また、採卵そのものや採卵後の卵子の保全の仕方など、医師や培養士など医療者の“技術”の部分も少なくありません。
ですので、その病院のやり方だけがすべてではありません。
似ているようでも微妙に違う方法や技術があるかもしれませんので、少し継続して成果が出ないようなら不満がなくても病院をかえてみるのもアリかと思います。
病院をかえるストレスと新しいチャレンジだと思えるポジティブ感のどちらが勝るかで決めても良いかもしれませんね。


ぜひ、信頼できる良い病院に出逢えると良いですね。




 院長コラム一覧に戻る



インターネットからのご予約

千葉県鎌ケ谷市南初豊5-9-38-102

営業時間

  • 月/木/土 9〜18時
  • 水/金 9〜20時
  • 日曜日 9〜14時

定休日

  • 火曜日・祝日

  • 初富駅徒歩2分
  • 駐車場3台完備

お電話でのご予約・お問い合せはお気軽にタップ↓

     

ネットでのご予約・お問い合せもお気軽にタップ↓

お電話の際は「はい、ほっと・ばらんすでございます。」とでますので、「初めてで、予約したいのですが」とお伝え下さい。