以下のボタンをタップすると電話がつながります 電話 047-446-2262
HOMEコラム一覧>子宮内膜症に鍼灸が効く研究結果

子宮内膜症とは

子宮内膜症と鍼灸|鎌ヶ谷市(新鎌ヶ谷)の鍼灸院
子宮内膜症とは、通常は子宮の内だけにあるはずの子宮内膜が、子宮の内側以外の場所にできてしまう病気です。
原因などはよく分かっていません。
子宮の内側以外の場所にできてしまった内膜も、本来の子宮内膜と同じように、女性ホルモンの影響をうけ、生理サイクルに応じて増えたりはがれたりを繰り返します。
ここで問題となるのは、月経時にはがれた通常の子宮内膜は血液とともに腟から出ますが、子宮の内側以外の内膜症にはそのような出口がなく、お腹の中にたまったりしてしまい、強い痛みなどを引き起こすことになります。

このように、まず子宮内膜症の大きな特徴は「痛み」です。
強い生理痛のため仕事に行けないとか、つらくて気分が落ち込んだりします。

子宮内膜症では、感染しているわけではないのですが「慢性炎症」を起こしているような状態になります。
その炎症が起こっている場所は次第に「癒着」してきます(この癒着も痛みの原因になります)。

「癒着」はこのように痛みを生じるほか、卵管の動きなどを障害します。
卵管は排卵された卵子をキャッチし、精子と受精する場所となり、さらに受精卵を子宮に運ぶ通路となる、「妊娠」のための大切な場所です。
つまり卵管が癒着していると、「不妊」の原因となるということです。

このように子宮内膜症の大きな特徴は「痛み」と「不妊」といえます。

手術や薬などの現代医学的な治療の他に、内膜症の予防や治療となるのが「妊娠」と「閉経」です。
妊活中の方が子宮内膜症があると「早めに妊娠することを勧められる」のはそのためです。

子宮内膜症に鍼灸が効くという研究結

子宮内膜症と鍼灸|鎌ヶ谷市(新鎌ヶ谷)の鍼灸院

『子宮内膜症の女性のための補完代替医療』
https://obgyn.onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1002/ijgo.12576

【内容】
子宮内膜症の治療法は進歩しているにもかかわらず、慢性炎症のためなかなか改善が難しい面もある。
そこで、子宮内膜症の痛みを緩和する補完代替医療を特定する。
調査されたのは、鍼治療、運動、電気療法、およびヨガであった。
結果として、多数の補完代替医療の治療法が用いられてきたが、鍼治療のみが有意な改善を示した。

まとめ

子宮内膜症と鍼灸|鎌ヶ谷市(新鎌ヶ谷)の鍼灸院
この研究結果をご紹介したのは、鍼灸が他の代替医療(ヨガや運動など)と比べて優れていると言いたかったからではありません。
鍼灸は子宮内膜症に有効であるという研究がある事実を知ってほしいと思うわけです。

当院であれば、基本的には痛みに関する施術ということですので、「血流をよくする」治療が効果的と考えます。
血瘀(滞ってしまった血)をしっかり巡らせる作用のツボ(「血海」「三陰交」「太衝」「合谷」「膈兪」「肝兪」「次リョウ」など)が良いでしょう。
もちろん、その他の身体の状態(体質)によって、ツボ選びは変わってきます。

子宮内膜症は長い時間をかけてゆっくり作られるものですので、改善にも時間はかかります。
短期間での劇的な変化を期待するよりは、中期長期的に施術を受けることでゆっくり改善していくことが予想されます。
まずは3ヶ月間(10回~15回)の鍼灸治療を試してほしいです。
変化を感じていただけると思います。。

以下の記事も読まれています

不妊に鍼灸が効果的な理由とは
不妊に鍼灸が効果的だという研究
不妊に鍼灸はすぐ効果が出ますか?
子宮内膜症に鍼灸が効く研究結果
高プロラクチン血症に鍼灸が投薬より2倍有効


 院長コラム一覧に戻る
 当院の不妊鍼灸のご案内


インターネットからのご予約

千葉県鎌ケ谷市南初豊5-9-38-102

営業時間

  • 月/木/土 9〜18時
  • 水/金 9〜20時
  • 日曜日 9〜14時

定休日

  • 火曜日・祝日

  • 初富駅徒歩2分
  • 駐車場3台完備

お電話でのご予約・お問い合せはお気軽にタップ↓

     

ネットでのご予約・お問い合せもお気軽にタップ↓

お電話の際は「はい、ほっと・ばらんすでございます。」とでますので、「初めてで、予約したいのですが」とお伝え下さい。