以下のボタンをタップすると電話がつながります 電話 047-446-2262
HOMEコラム一覧>パニック障害と鍼灸について


より詳しい新規サイトのページがございます
【パニック障害】でお悩みの人へ

つらいパニック障害を鍼灸治療で治したい!

パニック障害はよく耳にするようになった病名です。
ストレスが引き起こしている神経系の症状で「現代病」といってもよいでしょう。

【パニック障害の主な症状】
●突然の動悸
●呼吸困難
●めまい
●ふるえ
●恐怖感や不安感
…などとされます。

突如として起こるケースもあれば、電車などの人混みが要因となるケースも多いでしょう。
最初は何がなんだか分からずに救急を利用する患者さんが多いようです。
また一度発作が起こると、次の発作への恐怖感・不安感が強くなってしまう傾向があります。
それが身体への負担を生み、悪循環となってしまう場合もあるでしょう。

病院(西洋医学)では、ベンゾジアゼピン系の抗不安薬(ソラナックスなど)を発作時に服用するように指示されると思います。
そして中期的には、三環系抗うつ薬(トフラニールなど)、その他各種の薬物治療が行われますが、現在ではSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬:パキシル・デプロメール・ジェイゾロフトなど)を用いて治療していくことが多いようです。
しかしこれらのお薬は副作用が気になり服用をためらう方も少なくないようです。
安易に薬に頼るのは確かに本当に改善とは言えないかもしれませんが、症状がひどい時のお薬の使用は上手く活用したいです


さて、
東洋医学(鍼灸医学)でパニック障害はどのように捉えるのでしょうか

鍼灸では病名で一律に決まった治療をする訳ではありませんので、パニック障害イコールこのツボという法則はありません

「動悸」や「不安感」などの症状が、患者さんの体質に関与していると考え、その「体質改善」こそがパニック障害の改善につながると考えています


【東洋医学的なパニック障害を引き起こす体質】
(少々難しい専門用語を使ってしまい申し訳ございません)

●気滞体質
「気」すなわちエネルギーの停滞がメインの原因で、「心(しん)」の機能を阻害し、動悸や不安感を起こすと考えます。
「常に動悸」というよりは「何かある時に動悸」(電車に乗る時だけ、など)のケースが多いと思われます。
パニック障害の発作時だけでなく普段から胸やお腹が張ったり、気持ちが悪いなどの症状があれば、この体質である可能性が高いとされます。
ちなみに「気滞」の発生原因の大半はストレスです。

●気虚・血虚体質
「気」や「血(けつ)」が足りないために「心」が養えず、機能不全に陥るために、動悸をはじめ各種症状を発生してしまうと考えます。
この場合には必ず疲労感を伴いますし、めまいや立ちくらみが起こることが多いでしょう。
「常に弱い動悸」があるような場合が多いです。

●陰虚体質
「陰(いん)」すなわち身体の潤い成分が不足して、「心」の「血」に影響を及ぼし、動悸や不安感が生じるとされます。
不眠や手足のほてり、耳鳴りなどを伴うことも多いでしょう。
熱っぽい症状をともなうことが多いです。

その他にも考えられ得る体質が多々あり、ご自分がどの体質であるかを見極めることが大切になります
そうは言っても、まず中心には「心(しん)」に不具合があるので、そのケアをすることがパニック障害治療の基本となります

鍼灸治療では、それら体質を改善するためのツボ(治療のポイント)が用意されていますので、そこに鍼やお灸をしていくことで、体質改善をはかっていきます。

体が変わると、気持ちや感情の状態にも良い変化が起こると考えています。
それが最終的には、病気改善につながります


パニック障害ではその発作を恐れて生活の質が低下してしまうことになるかと思います。
それが悪循環になる場合も少なくありません。

必要に応じたお薬でのケアも大事ですが、鍼灸でツボを用いたアプローチを試みるのもアリだと考えます。

なお、
パニック障害は性格傾向や体質的なものと絡んでいることからも、短期間で劇的に改善することはないかもしれません。
時には悪くなる波もくるでしょうが、少し継続的な治療で、ゆっくり右肩上がり(徐々に改善していくという意味です)の波をえがけるように一緒に頑張りたいです。



鍼灸施術の流れ

電話(メール)でのご予約を承ります

ご予約はお電話かメールにて治療をご希望の際は、電話か予約フォーム(メール)にて、ご予約願います。
「鍼灸治療院ほっと・ばらんすでございます」とでますので、
「初めてですが、ホームページ見ました」とお伝えください。

ご予約の日時をご相談させて下さい。


いらっしゃいませ

鍼灸院の入り口は安心、快適当院は1階で、ガラス張りのドアですので、安心してお入りください。

入ったらスリッパにお履き替えください。
カウンセリングにための場所にご移動いただくよう、お声掛けをします。


カルテの作成、詳しいカウンセリングと丁寧な説明

おつら事はすべて聞きます
1-【カルテ作成】

初めての来院された方は、カルテを記入していただきます。


2-【診察・施術方針の決定と説明】

① 症状のこと、身体のことをお聞きします(=問診)。
お悩みを、お気軽に、”全部”お話ください!

② 視診、触診などで、身体の状態を確認します。
舌診(ぜっしん)・脈診(みゃくしん)・腹診(ふくしん)など東洋医学的な診断法を駆使し、身体の状態を確認させていただきます。

③ ①~②を通して得られた情報をもとに施術方針を決定し、またそれをご説明します。


実際に鍼とお灸で施術をします

実際に鍼灸をいたします。
鍼灸風景 全身的な鍼灸です

お灸はアチッ!が気持ちいい お灸も痕にはならず

鍼は使い捨てで安心 鍼はもちろん使い捨て

鍼には心地よい響き 服は着たまま、まくるだけ

背中には重要なツボあります 背中にも大事なツボがあります


治療計画についてご相談します

鍼灸風景
鍼灸施術の結果に応じ、次回からの通院計画を話し合います。

最適な治療頻度をご提案いたしますが、決定は患者さまご自身で決めていただけます。
無理な通院を強要したりはしませんので、ご安心ください。

以上のような流れで鍼灸治療は行われます



初回はお試し 2,000円(税抜)から

まず初回は“体験”してみませんか?

初回限定 お試し 
部分治療 2,160円(税込)


●体の効果的な一部位にしぼって、当院の鍼やお灸を体験いただけます。
●“お試し”とは言えども、最大限効果的な治療に努めます。
●初回のカウンセリングは丁寧に行いますので、ご不明点などは遠慮なくお尋ね下さい。
●2回目以降は全て全身治療7,000円(税抜き)となります。





 院長コラム一覧に戻る



インターネットからのご予約

千葉県鎌ケ谷市南初豊5-9-38-102

営業時間

  • 月/木/土 9〜18時
  • 水/金 9〜20時
  • 日曜日 9〜14時

定休日

  • 火曜日・祝日

  • 初富駅徒歩2分
  • 駐車場3台完備

お電話でのご予約・お問い合せはお気軽にタップ↓

     

ネットでのご予約・お問い合せもお気軽にタップ↓

お電話の際は「はい、ほっと・ばらんすでございます。」とでますので、「初めてで、予約したいのですが」とお伝え下さい。