以下のボタンをタップすると電話がつながります 電話 047-446-2262
HOMEコラム一覧>妊娠初期の鍼灸


妊娠初期に鍼灸を受けて良いですか?

鍼灸を受けた事のない人が、妊娠初期の鍼灸に不安を感じられるのも無理ないことと思います。
実際の鍼灸治療ではどのようなことをするのかが分からないのは不安ですよね。
ただし、鍼灸は正しく行えば妊娠初期でも安全で、逆につわり(妊娠悪阻)など、妊娠初期の体調不良にも受けられるので有用なものです。

当院には、不妊症でお見えの患者さんも多くおられます。
不妊症の患者さんを鍼灸で身体づくりして、めでたくご妊娠されたら、今度は妊婦さんとしてお母さんが元気よく過ごせるよう(=赤ちゃんがお腹の中ですくすくと育つように)、治療を継続することをお勧めしております。
実際ほとんどの方が、不妊鍼灸からマタニティ鍼灸に移行・継続していきます。
このように、妊娠初期にも鍼灸は十分対応可能であるばかりか、その役割は大きいと考えます


妊娠初期の鍼灸への疑問点

妊娠初期の鍼灸|鎌ヶ谷市(新鎌ヶ谷)の鍼灸院

鍼灸をしたら流産につながる可能性がないのか?

まずは流産の原因から考えます。
一番多い妊娠初期の流産の原因は、受精卵の染色体異常(赤ちゃん側の問題)です。
この場合は着床して、少しの期間は育つことができたとしても、最終的には流産となってしまうことがほとんどです。
このように受精卵の染色体の異常が原因の場合、鍼灸で流産の防止をすることはできません。

この場合は、日常生活でお母さんが何かしたから流産になったというわけでもありません。
あくまで育つのが難しい受精卵であったということです。

また、妊娠初期の鍼灸施術はソフトな刺激量で行います。
これは妊婦さんの身体が、妊娠前の身体よりも繊細な状態であることを意識しているからです。
たとえば、食事でも辛いものを目一杯食べるとか、お酒を痛飲するとか、非日常的なことは妊婦さんに相応しくないのと同様です。
鍼灸も含め、万事穏やかな刺激が好ましい時期です。

このように鍼灸治療の正しい知識を持って、適切な治療を行えば妊娠初期の鍼灸は安全だと考えます

鍼灸をすることで流産の予防になるのか?

妊娠初期の鍼灸|鎌ヶ谷市(新鎌ヶ谷)の鍼灸院

鍼灸はお母さん(妊婦さん)の身体を良いコンディションに保つことで、赤ちゃんが育つに良い環境を作ります。
これすなわち、流産の予防です。

鍼灸でできる流産予防は、「自律神経を整える働き」「疲れを取る働き」のふたつです。

鍼灸の効果として自律神経が整う効果があります。
現代では交感神経優位(常時「頑張るモード」になっている)傾向がありますので、逆に鍼灸で副交感神経が優位(「リラックスモード」)になります。
仕事や生活の中でストレスを受けると、交感神経が優位になります。
交感神経が優位になると血管を収縮させてしまうため血流が悪くなります。
すると子宮の血流も悪くなります。
子宮の血流をよくするためにも、副交感神経を高める鍼灸がお役に立てます。

また、疲れもいけません。
妊婦さんは疲れると、栄養である「気(き)」とそれを運ぶ「血(けつ)」が足りなくなります。
子宮をしっかり閉じて赤ちゃんを保持していく働きも「気」の働きです。
それが足りなくなれば流産しやすくなりますし、栄養が足りなければ赤ちゃんの育ちも悪くなります。

そういう体の状態を「虚(きょ)」と言いますが、鍼灸には虚を補う働きが強くあります。
「身体を元気にする効果」です。
妊娠初期はつわりも出て、疲れやすくもなりますので、鍼灸でつわり対策と同時にエネルギー対策もしておくとよいと考えます。

妊娠初期の鍼灸|鎌ヶ谷市(新鎌ヶ谷)の鍼灸院

以上、鍼灸は妊娠初期にも勧められる治療です。
ただし、そうは言っても「不安」や「恐れ」があるようでしたら、やはり鍼灸治療は控えた方が良いとお伝えしています
恐怖や不安感を抱えながら受けても、ストレスがたまるだけですから…。
良い意味で「本当に効くのかな??」とか「とりあえずやってみるか!」くらいの気持ちでしたら、ぜひ試してみて欲しいです(笑) 。


 院長コラム一覧に戻る



インターネットからのご予約

千葉県鎌ケ谷市南初豊5-9-38-102

営業時間

  • 月/木/土 9〜18時
  • 水/金 9〜20時
  • 日曜日 9〜14時

定休日

  • 火曜日・祝日

  • 初富駅徒歩2分
  • 駐車場3台完備

お電話でのご予約・お問い合せはお気軽にタップ↓

     

ネットでのご予約・お問い合せもお気軽にタップ↓

お電話の際は「はい、ほっと・ばらんすでございます。」とでますので、「初めてで、予約したいのですが」とお伝え下さい。