以下のボタンをタップすると電話がつながります 電話 047-446-2262
HOMEコラム一覧>男女脳と不妊について

男女脳と不妊について


「あなたにはどうも話を聞いてもらった気がしない…。」
夫は妻に言われます。
夫としては「聞いているじゃん!」と思うものの、『聞いてもらった気がしない』と言われたかぎりそれは「聞いていない」のです。

夫婦間ではよくある「あるある」ですが、男性としては「え~!?」ですよね。

これは男性脳・女性脳という視点でよく語られます。

【男性脳と女性脳の違い】

女 性 男 性
一番大切なこと ヒトに好かれること 勝つこと
物事の判断に使うもの 五感 分析能力
外部環境の変化に対して 自分の直接関係あることしか興味がない 関心が深い
思考の仕方 同時処理対応型 ステップ志向型
物事の判断基準 善悪 損得勘定
決断時の優先事項 自分がどうしたいか 状況的にどうすべきか
ルールについての決め方 ルールより相手の気持ちが大切 ルールを守ることが大切
購買意欲が高まる時 安心・ワクワクドキドキ 買うべき時・必要な時
腹の立つこと 手を抜かれること ルール違反


(私は男なので)男性編はうなずくことも少なくないですが、女性はどう感じるのでしょう?
これがある程度一般的なのだとしたら、まぁ、たしかに男女は違うなと思わされます。

感じるのは、女性は関係性に重きを置き・男性は原因や結果に重きを置く傾向があるということです。
大事にしている要素が違うので、まずはそれを知ることから始める方がよさそうです。
夫婦の問題は結局はケースバイケース(個人的なもの)ですから、あまり一般論で語っても仕方ないですが、男性脳と女性脳の「違いを知る」ことは大事かと思います。

女性に安心・信頼してもらえることで夫婦は円満になると思います、とくに不妊などで悩まれている方達にはそれが言えそうです
女性の視線になることの重要性を知らないとマズイよね、ということです。
(もちろん、女性におもねればよいという話ではありません。)

簡単に思いつくことを書きます。
表から他にも色々参考になることがあるはずです。

夫からみたら、妻にはこのような接し方が好ましい気がします。

●「感情的にも十分と感じてもらえたかどうか」が重要である
●「一緒にやっていこう」というスタンスを伝える
●どう良くなっていくのかの「未来像」を一緒に考える

●感覚的に「イヤだ」や「好ましい」という感性にも注意を払う

●気持ち的なつながりを大事にするうえで「自分の気持ち」もしっかり表現する


逆に、妻側から夫には「自分(妻)に関心が薄いことも許容する」「利得を理由に話す」「必要性を(何らか)理由をつけて話す」などが有効かもしれません。

こういうことを「テクニック」や「あざとさ」ではないかと忌避感情を持つ人もいます。 ある面ではその通りだと思います、やはりテクニックでしょうね。
ただ、男女間の交流(同性の友人でも同じです)では、相手に合わせる「テクニック」は『思いやり』と一体不可分だからこそ美しいし有意義だと感じます。

思いやりや気遣いがない単なるゴリゴリのテクニックは、…イヤですね(苦笑)

男女の違いを認識しつつ、そのうえで平和的に・温かく・安心して、相互信頼できるといいですね(^_^)v
それが不妊治療においても好循環を生むと思います。


 院長コラム一覧に戻る


インターネットからのご予約

千葉県鎌ケ谷市南初豊5-9-38-102

営業時間

  • 月/木/土 9〜18時
  • 水/金 9〜20時
  • 日曜日 9〜14時

定休日

  • 火曜日・祝日

  • 初富駅徒歩2分
  • 駐車場3台完備

お電話でのご予約・お問い合せはお気軽にタップ↓

     

ネットでのご予約・お問い合せもお気軽にタップ↓

お電話の際は「はい、ほっと・ばらんすでございます。」とでますので、「初めてで、予約したいのですが」とお伝え下さい。