以下のボタンをタップすると電話がつながります 電話 047-446-2262
HOMEコラム一覧>鍼灸院ができること

鍼灸院の役割について

がんの患者さんの多くは、病院での治療を(もしくは病院でのケアを)受けています。
現代医学での医療的なケアは十分受けています。
そのようななかで、鍼灸院(鍼灸師)ができることが、鍼灸院を選ぶうえでの「価値」だと考えます。

病院にはなくて鍼灸院にある良さは、当院は3つあると考えます。

鍼灸の「治療」としての役割


鍼灸そのものが持つチカラです。
鍼灸は「神経系を介して血流を促進させる」「痛みを和らげる物質を体内から放出させる助けをする」等を通じて、がん患者さんの身体の苦痛をとるお手伝いができます
ここがよく言われる「鍼灸の良さ」ですね。

同時に、「本当に鍼なんて効くの?」と懐疑的にみられるところでもあります。
この点に関しては、抗がん剤の副作用によるしびれ感の改善などに関しては、現代医学的な研究でも有効性が認められています。

手を使った「触れる」役割


毎回治療の前に、脈をみてお腹をみて身体のチェックをします。
実際に手を触れて確認します。
また治療そのもののでも、ツボをとり・鍼を刺し・お灸をすえるために手でお身体に触れながら施術をします
「手当て」です

機械的な無機質な接触よりも、手で触れる手技の良さは実際に受けていただけるとわかるかと思いますが、治療そのものとはまた違う次元の「快」です。
病院でのケアはとかく機械的になりやすいです(一日で診る人数のせいもあります)。

治療時間中に「向き合う」役割


当院では、一日に診る人数に制限を設け、1人1人の患者さんにお時間をとって施術に当たっています
治療中は一対一の時間を過ごす中で、色々なお話をします。
お身体のことだけでなく、気持ちのことや、家族のこと・お仕事のことなどなど。
そのようなコミュニケーションの時間が癒しになる方も少なくありません
当院では、人生の物語をうかがうことを喜びとしております。
それがそのまま患者さん自身の喜び・癒しにつながっていることを望みます。


以上の3つの役割が鍼灸院(当院)にとっての、鍼灸院の価値だと考えます。

以下の記事も読まれています

・癌患者さんに鍼灸院ができること
・癌は鍼灸だけで治るか?
・癌の鍼灸はどのくらい通えば良いか?
・びわ葉温灸のご案内
・癌になったら最初の一歩として


 院長コラム一覧に戻る
 当院のがん専門鍼灸のご案内はこちら


インターネットからのご予約

千葉県鎌ケ谷市南初豊5-9-38-102

営業時間

  • 月/木/土 9〜18時
  • 水/金 9〜20時
  • 日曜日 9〜14時

定休日

  • 火曜日・祝日

  • 初富駅徒歩2分
  • 駐車場3台完備

お電話でのご予約・お問い合せはお気軽にタップ↓

     

ネットでのご予約・お問い合せもお気軽にタップ↓

お電話の際は「はい、ほっと・ばらんすでございます。」とでますので、「初めてで、予約したいのですが」とお伝え下さい。