以下のボタンをタップすると電話がつながります 電話 047-446-2262
HOMEコラム一覧>乳がん術後のリンパ浮腫が鍼灸で改善

乳がん術後のリンパ浮腫が鍼灸で改善

乳がんという大きな病気と闘いながら、しかもリンパ浮腫という不安にも対応しなければいけないこと、大変な負担かと思います。
鍼灸がそこでお役に立てる、という話を書きます。

リンパ浮腫とは

乳がん治療のひとつに手術があります。
リンパ節転移が有ると、腫瘍だけでなくわきの下のリンパ節手術(腋窩リンパ節郭清)を受けることとなります。
腋窩リンパ節郭清の一般的な副作用のひとつは、腕のリンパ浮腫(腕の浮腫)です。
腋窩(わきの下)のリンパ節を切除すると、手術後に体の老廃物を運ぶリンパの流れが悪くなり、手術した側の腕に溜まり腫れることがあります。
これをリンパ浮腫と呼びます。

リンパ浮腫の発症は治療後すぐのこともあれば、数週間後、数カ月後、数年後のこともありえます。
乳がん患者さんのおよそ30%が上肢リンパ浮腫に罹ります。
リンパ浮腫は進行すると完治は難しいですが、予防と早期発見を心がけることで、重症にならないようにできます。
リンパ浮腫には単独で効果的な治療法はありませんが、症状を改善させするためには多くの治療法があります。

リンパ浮腫への鍼灸の考え方

まずは「水」の問題であると見ます。
しかも、水分のめぐりが悪くなっている状態と判断します。

どうして水まわりが悪くなっているかを、その人の身体全体から判断します。
●カラダ全体に水分が多過ぎる
●水分をめぐらせる力だけが弱い
●水分も含め全体的に弱い
●どこかで滞っている
…などとみていきます。

東洋医学的に原因をしっかり見定めて、それを改善に導くツボを選んで施術していきます。
たとえば、水分代謝が悪くなってるケースでは「お腹のツボ」「足のツボ」「背中のツボ」などを使います。
このように、症状が出るのは片方の腕だったとしても、全身から適宜大事なツボを選ぶので、腕そのものを使わないで施術することもあります。

リンパ浮腫に鍼灸を用いる研究

2013年の研究で「鍼灸治療がリンパ浮腫のむくみを減らせる」という報告が出ました。

【方法】
乳癌関連リンパ浮腫の患者で、正常より2cm以上大きい腕周りを患っている女性に、週2回×4週間(合計8回)の鍼治療を行う。

【結果
参加した33%の患者が、鍼治療後に30%以上の腕のむくみの減少を示した。

【考察】
乳がん術後リンパ浮腫の鍼治療は安全と思われ、腕周りを減らす可能性があるので勧められる。


色々なケアの方法があります。
上手く組み合わせつつ鍼灸も取り入れてみてください。

『上肢リンパ浮腫の治療における鍼治療(Acupuncture in the treatment of upper-limb lymphedema: results of a pilot study.)』(2103年)
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23576267

以下の記事も読まれています

・癌患者さんに鍼灸院ができること
・癌の補完代替医療とは
・乳がん術後のリンパ浮腫が鍼灸で改善
・アロマターゼ阻害薬の副作用が鍼灸で改善
・乳がんのホルモン治療の副作用に鍼が有効
・びわ葉温灸のご案内


 院長コラム一覧に戻る
 当院のがん専門鍼灸のご案内はこちら


インターネットからのご予約

千葉県鎌ケ谷市南初豊5-9-38-102

営業時間

  • 月/木/土 9〜18時
  • 水/金 9〜20時
  • 日曜日 9〜14時

定休日

  • 火曜日・祝日

  • 初富駅徒歩2分
  • 駐車場3台完備

お電話でのご予約・お問い合せはお気軽にタップ↓

     

ネットでのご予約・お問い合せもお気軽にタップ↓

お電話の際は「はい、ほっと・ばらんすでございます。」とでますので、「初めてで、予約したいのですが」とお伝え下さい。