以下のボタンをタップすると電話がつながります 電話 047-446-2262
HOMEコラム一覧>補完代替医療と鍼灸

補完代替医療とは?

癌の治療と言えば、西洋医学的な三大療法(手術療法・薬物療法・放射線療法)が標準治療と呼ばれています。
癌細胞を物理的に破壊・除去する目的で行い、全身にダメージを与える攻撃的な治療になっています。

一方、手術や抗がん剤などの標準治療ではない医療全般を「補完代替医療」と呼びます。
標準治療をサポート(補完)したり、西洋医学とは違った視点(代替)で体にアプローチします。

内容的には、健康食品・サプリメント・鍼灸・マッサージ・運動やリラクゼーションなどがあります。

補完代替医療の目的とは?

体に備わっている自然に病気を治す力(自然治癒力)を強くすることで、癌や癌に伴う症状をやわらげるのが目的です
その中でも鍼灸治療は、標準治療の3大療法のように癌細胞に直接アプローチするのではなく、体全体の力を増加させることで癌治療のサポートをすることが出来る治療法です。
西洋医学的な治療や生活習慣などと併せて「癌に対抗していくチーム」となります。
基本的には、代替療法単独で癌を治すことを目的とはしていません。

※代替療法を受ける場合は、主治医と体の状態をよく相談した上で、治療を受けてください。


補完代替医療としての鍼灸の研究

代替医療としての鍼灸に関しては、今まで多くの試験が行われています。
施術自体が鍼を刺しお灸をすえるという、物理的な方法のため、薬と同じような試験が難しい面もありますので、試験結果に不確かさが残ることは否めません。
しかしその中でも、以下のようなことに鍼灸が有効である(もしくは推奨できる)とされています。

抗がん剤治療の副作用である嘔気や嘔吐の軽減効果や神経症状をやわらげる効果
嘔気や嘔吐は手術後の患者さんにも有効
●痛みなどの症状を改善することで癌患者さんの生活の質(QOL)が向上

 体力が失われがちな癌の標準治療を成功させるために鍼灸治療が貢献できる。


癌患者さんが鍼灸で得られることは?

血行促進効果

全身にあるツボへの鍼灸刺激により、血流を良くすることが出来ます。
血行が良くなると身体が温まります。
温かいカラダは運動機能も向上や新陳代謝の活性化を促します。
西洋医学の三大療法でダメージを受けた身体には大事なことです。。
以前よりも深く眠りにつくことが出来るようになり、心身の疲れがとれやすくなります。

免疫力向上

血流が良くなり体が温まり、疲れが取れやすくなるので、病気と闘う力(免疫力)を向上させることが出来ます。
結果、腫瘍の大きくなるスピードが遅くなり、体に出ている症状が悪化するのを遅延させる効果があります。

体力の回復

癌の三大療法は体にダメージとなります。
手術も大きく体にダメージを与えますが、とくに抗がん剤が長期間にわたり体への負担になります。
ようするに体力消耗が問題になるわけです。

鍼灸治療を行うことにより、体力が戻ってくれば抗がん剤治療を最後まで続けることもできます。
鍼灸治療で体力の低下を防ぎ、元気がある体で癌と闘っていただけます。


以上、鍼灸を受けていただくことで得られる効果を挙げました。
西洋医学の標準治療だけでなく、代替医療(=鍼灸)の特徴を知って、うまく活用していただきたいです。

以下の記事も読まれています

・癌患者さんに鍼灸院ができること
・癌は鍼灸だけで治るか?
・癌患者への鍼灸は有効?無効?
・癌の補完代替医療とは
・びわ葉温灸のご案内


 院長コラム一覧に戻る
 当院のがん専門鍼灸のご案内はこちら


インターネットからのご予約

千葉県鎌ケ谷市南初豊5-9-38-102

営業時間

  • 月/木/土 9〜18時
  • 水/金 9〜20時
  • 日曜日 9〜14時

定休日

  • 火曜日・祝日

  • 初富駅徒歩2分
  • 駐車場3台完備

お電話でのご予約・お問い合せはお気軽にタップ↓

     

ネットでのご予約・お問い合せもお気軽にタップ↓

お電話の際は「はい、ほっと・ばらんすでございます。」とでますので、「初めてで、予約したいのですが」とお伝え下さい。