以下のボタンをタップすると電話がつながります 電話 047-446-2262
HOMEコラム一覧>海外ニュース記事(IVFへの鍼治療の有効性)


鍼治療で体外受精(IVF)の成功率が6%向上(海外メディア情報)



イギリスのDaily Mailは記事で「プラハにある民間不妊専門医療機関が、鍼治療により体外受精(IVF)での妊娠率が6%向上と発表した」と伝えました。

これはチェコスロバキアのプラハにある民間不妊医療機関が、自院の不妊治療患者3271人の4400例にのぼる冷凍胚移植による不妊治療の成績を調べた結果です。

記事では「鍼治療なしの例では妊娠率は60%で、鍼治療をした例では妊娠率は66%であった」と伝えています。

研究に携わった医師は「(良い結果になるのは)鍼治療が子宮への血流を増加させ、痛みを和らげる神経伝達物質を産生するため」だろうと話しています。
子宮への血流を増加させることで、冷凍胚を移植した際、子宮内膜に胚が受け入れられやすくなります
また鍼治療により、子宮頸管を弛緩させ、肺移植時の痛み予防に役立つとも話しています

最後に同医師は「たとえ鍼治療がプラセボ効果だったとしても、患者さんがよりリラックスできるのなら、それは有益です。」
「IVFを受けることはストレスのかかることです。患者さんの体がストレスに圧倒されたら、着床は正しく機能しません。それは体が「戦闘」モードになっているからで、その状態は不妊治療に役立つものではありません。
だから鍼治療がストレス軽減に役立つならば、それは明らかに臨床的不妊治療の一部としての活用する価値がある」と語っています。


【ここから学べる注目ポイント】

●鍼治療は子宮への血流向上・ココロのリラックスなどを起こすために効果となるので、IVF(体外受精)だけでなく、全てのお子さんを希望する女性に共通する

●西洋医学だけでなく、東洋医学的なアプローチも併せてより効果的

●人種・文化などをこえ、世界レベルで鍼灸が不妊治療に活用されていることがわかる


当院でも同じような考えで治療に取り組んでいます。

『Acupuncture can boost chances of getting pregnant through IVF, reveals data』
http://urx2.nu/Jq88



 院長コラム一覧に戻る



インターネットからのご予約

千葉県鎌ケ谷市南初豊5-9-38-102

営業時間

  • 月/木/土 9〜18時
  • 水/金 9〜20時
  • 日曜日 9〜14時

定休日

  • 火曜日・祝日

  • 初富駅徒歩2分
  • 駐車場3台完備

お電話でのご予約・お問い合せはお気軽にタップ↓

     

ネットでのご予約・お問い合せもお気軽にタップ↓

お電話の際は「はい、ほっと・ばらんすでございます。」とでますので、「初めてで、予約したいのですが」とお伝え下さい。