以下のボタンをタップすると電話がつながります 電話 047-446-2262
HOMEコラム一覧>海外ニュース記事(鍼でIVF(体外受精)の成功率2倍)

鍼で体外受精の成功率2倍(海外メディア情報)

体外受精と鍼灸|千葉県|鎌ヶ谷・船橋・松戸
イギリスの『テレグラフ』、『デイリーメール』、『タイムズ』の各紙が、鍼治療によってIVF(体外受精)の成功率を向上させることを英国の研究チームが明らかにした、と報じました。
『テレグラフ』 Acupuncture doubles chance of having a baby with IVF, study suggests
http://urx.blue/yddN
『デイリーメール』 Acupuncture 'doubles the chances of getting pregnant through IVF'
http://urx.blue/yde5
『タイムズ』 Acupuncture ‘boosts success rate of IVF’
http://urx.blue/ydef


ロンドンのホマートン大学病院のグループによる研究です。

127組のIVF治療を受け始めたカップルを対象に、鍼治療を加える群と鍼治療なしの群に分けて経過を比較したところ、鍼治療ありの群の妊娠成功率が46.2%だったのに対し、鍼治療なしの群は21.7%にとどまった事を発表しました

研究内容としては、
IVF治療を初めてもしくは2回目のカップルで、23歳から43歳までの方がいたようです。
採卵前と、移植前後に鍼治療を受けたようです。計4週間。

この結果は「鍼によるものではなくプラセボ効果(思いこみのせい)の可能性もある」と言われていますが、「プラセボだろとなんだろうと、鍼が患者を安心させて妊娠率を上げるなら、それは有効な手段だ」という意見もある、と載せています。

また、鍼灸の説明には「鍼治療は、神経系を介して血流を変化させたり、体内の鎮痛物質を放出させるという原理に基づいている」と書かれています。


【ここから学べるポイント】

●鍼治療は、病院の不妊治療と併用すると有効のようだ
●「気のせいじゃないの?」という意見もあるが、それも含めて有効だと考えられる
●妊娠できるかどうかの不安や西洋医学的治療への不安など、不安がつきまとう不妊患者さんに「安心」をもたらす手段は、妊娠のために有効であり、そのひとつとして鍼灸がある、と英国でも認識されている
●もちろんプラセボ効果だけでなく、鍼灸の現代医学的(生理学的)な効果効能の意識も根づいてきている

当院でも鍼灸という方法そのものの力を信じながら、リラックスをしていただけるように治療を提供していきます!

以下の記事も読まれています

・移植前後の鍼灸は受けた方がいいですか?
・移植の時だけの鍼灸は効果がない?
・不妊ストレスに鍼治療が有効
・胚移植するのに相応しい曜日がある?
・ストレスは体外受精を失敗させる?
・鍼治療で体外受精の妊娠率が2倍に
・鍼治療で体外受精の成功率が6%向上
・卵巣予備能低下に鍼治療が有効


院長コラム一覧に戻る
当院の不妊鍼灸のご案内

インターネットからのご予約

千葉県鎌ケ谷市南初豊5-9-38-102

営業時間

  • 月/木/土 9〜18時
  • 水/金 9〜20時
  • 日曜日 9〜14時

定休日

  • 火曜日・祝日

  • 初富駅徒歩2分
  • 駐車場3台完備

お電話でのご予約・お問い合せはお気軽にタップ↓

     

ネットでのご予約・お問い合せもお気軽にタップ↓

お電話の際は「はい、ほっと・ばらんすでございます。」とでますので、「初めてで、予約したいのですが」とお伝え下さい。