以下のボタンをタップすると電話がつながります 電話 047-446-2262
HOMEコラム一覧>海外ニュース記事(高プロラクチン血症に鍼灸が有効)


高プロラクチン血症に鍼灸が有効(海外メディア情報)

イギリスの新聞『ザ・サン』は高プロラクチン血症の不妊治療で鍼治療が投薬よりも2倍近く妊娠率を向上させることが明らかになった、と伝えました。

医学誌『Journal of Clinical Acupuncture』最新号に掲載された中国雲南省立病院の研究チームによる臨床結果です。

高プロラクチン血症の不妊治療を受けている患者60人を対象に、週1回30分の鍼治療を受ける群と、毎食後1回の投薬治療を受ける群でその妊娠率を比較しました
鍼治療を受けた群では、治療後2週間たってもホルモンバランスが保たれていたと報告もしています。

治療後1年間の追跡調査で、鍼治療群の妊娠率が43%だったのに対し、投薬治療群が20%であったとしています

また投薬群の63%が強い副作用を訴えたのに対し、鍼治療群ではほとんど副作用の訴えはなかったとも伝えています

不妊治療の専門家の言葉として、
「鍼治療の安全性と効果を考えると不妊治療がとりいれることは有効だ」とも紹介しています。

「鍼治療で体のリラックスを助けると、婦人科系(卵の質など)にも良い影響がある」し、「病院での治療(体外受精など)をする際にも、鍼治療で副作用をおさえて快適に治療を行うことができる」とも述べています。



【ここから学べる注目ポイント】

●鍼灸は自律神経系に作用しますので、自律神経系が整うことでホルモンのコントロールにもつながっているのだろうと推察されます。

●またそれは、体自身の内部で起こる自然な働きであるので、副作用は起きづらい事がわかります。

●薬がダメで鍼灸が優れている、という訳ではありません。併用することでお互いの良いところを補い合い成果になると考えます。



『Acupuncture beats fertility medications when it comes to helping women fall pregnant』
http://urx.blue/zozl



 院長コラム一覧に戻る



インターネットからのご予約

千葉県鎌ケ谷市南初豊5-9-38-102

営業時間

  • 月/木/土 9〜18時
  • 水/金 9〜20時
  • 日曜日 9〜14時

定休日

  • 火曜日・祝日

  • 初富駅徒歩2分
  • 駐車場3台完備

お電話でのご予約・お問い合せはお気軽にタップ↓

     

ネットでのご予約・お問い合せもお気軽にタップ↓

お電話の際は「はい、ほっと・ばらんすでございます。」とでますので、「初めてで、予約したいのですが」とお伝え下さい。