以下のボタンをタップすると電話がつながります 電話 047-446-2262

コラム  冷えとり 実践して健康になる

冷えとり健康法について

冷えが身体に悪いことは、昨今、様々なところで言われています。
冷えとりの基本は温めること!
以下の「冷えとり」をおススメします!
(「冷えとり健康法」は、進藤義晴先生が創始された方法です。)


● 半身浴
胸から下だけをお湯につけるようにすることです。
腕はお湯から外に出しましょう。
そして、体温よりも少し高い程度の、37~38℃のお湯に20~30分間、ゆっくりと入ります。
(冬場は少し高め・・・40度くらいまで)
だんだん身体の芯から温まってきて、汗がでてきます。
この方法だと湯冷めはしません。
胸から下だけお湯につかるというのは、文字通り頭寒足熱の状態になるということです。
慣れない人は、初めは上半身が寒いような気がしますが、
まずはがまんしてしばらく、つかっていてください。
時々20~30秒間だけ肩までつかるのはさしつかえありません。
そのうち確実に、体の芯から温まって気持ちよくなってきます。
必要ならば風呂場用のイスなどを湯船に入れておけば、胸から上を出したままの姿勢を楽に保つことができます。


● 手足温浴
風呂と違い全身浴ではなく、手と足だけを温湯で暖める入浴法です。
手足を温浴槽に浸して約10~15分で大粒の汗が吹き出てきます。
入浴時間は普通15~20分と言われています。
サウナと比べ2倍以上の発汗がありますが、手足だけの温熱刺激のため、体への負担が少ないのが大きな特徴です。
ご年配・子供・病弱な方々に最適です。


● 靴下重ね履き(冷えとり健康法) 
冷えをとるということは、上半身より下半身をあたたかくすることで、基本が頭寒足熱です。
そのための手段は半身浴、住まいの工夫などもありますが、足もとを常に温めるための服装の工夫の最大ポイントは靴下です。
足浴や半身浴を一日中していられる人はいないと思いますので、お風呂に入っている時以外は靴下で足もとを24時間温めます。
1枚目:絹5本指ソックス
2枚目:綿(またはウール)の5本指ソックス
3枚目:絹の指なしソックス(絹と綿の二重構造のものがあり、お薦めです)
4枚目:普通(綿やウールなど)のソックス
これが基本です。
4枚以上ならいくら履いても構いません。

以上、それぞれの方法を簡単に説明しましたが、このような説明だけではどうしても不十分です。
ぜひ、いろいろとご相談ください。


健康になるための5原則

マクロビオティックと腸内環境

冷えとり健康法・靴下重ね履き

自律神経のバランス

運動

こころ


院長コラム一覧に戻る



インターネットからのご予約

千葉県鎌ケ谷市南初豊5-9-38-102

営業時間

  • 月/木/土 9〜18時
  • 水/金 9〜20時
  • 日曜日 9〜14時

定休日

  • 火曜日・祝日

  • 初富駅徒歩2分
  • 駐車場3台完備

お電話でのご予約・お問い合せはお気軽にタップ↓

     

ネットでのご予約・お問い合せもお気軽にタップ↓

お電話の際は「はい、ほっと・ばらんすでございます。」とでますので、「初めてで、予約したいのですが」とお伝え下さい。